TOP > ラインナップ > 鉄道コレクション >東武鉄道6050系6154編成(更新車・パンタグラフ増設車)2両セット
     

東武鉄道6050系6154編成(更新車・パンタグラフ増設車)2両セット

東武鉄道6050系6154編成(更新車・パンタグラフ増設車)2両セット

東武鉄道6050系は1985年に野岩鉄道会津鬼怒川線への直通運転に備え、6000系の更新車として登場しました。
1988年には完全新造車が導入され、後に野岩鉄道、会津鉄道へも車両を導入し、2両編成33本、合計66両が導入されました。
2019年10月に日光線の東武動物公園〜東武日光間の全線開通90周年を記念し、6050系の更新車6162編成と新造車6179編成が6000系のリバイバルカラーとして運行を開始しました。
主に南栗橋〜東武日光間をはじめ、新藤原、会津田島方面にも運転され、2両編成から4両編成で活躍しています。
また、2019年12/1には日光線90周年記念号として、2020年2/11にはリバイバルカラーで行く南会津として、ツアー列車が運行され話題となりました。
今回はリバイバルカラー2種類の製品化とともに、更新車6154編成のダブルパンタ車もラインナップに仲間入り。様々な形態で運行する姿を是非お楽しみ下さい。

【商品名】 東武鉄道6050系6154編成(更新車・パンタグラフ増設車)2両セット
【発売日】 2020年7月
【価格】 3,000円(税抜)

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中




対応走行パーツ等




鉄道コレクション製品一覧

■鉄道コレクション1両セット

■鉄道コレクション2両セット

■鉄道コレクション3両セット

■鉄道コレクション4両セット

■鉄道コレクション6両セット

■鉄道コレクション7両セット

■鉄道コレクション8両セット