TOP > ラインナップ > 鉄道コレクション >国鉄キハ04形100番代 2両セット
     

国鉄キハ04形100番代 2両セット

国鉄キハ04形100番代 2両セット
国鉄キハ04形100番代 2両セット
国鉄キハ04形100番代 2両セット

キハ04形グループは1933年にキハ36900形(のちに改番されキハ41000形となる)として登場した16m級のディーゼルカーです。
装架するエンジンの違いから、キハ41200形、キハ41300形、キハ41500形等に細別することができます。
登場の経緯や車体の構造から日本車輌製造が開発した私鉄向けの大型ディーゼルカーがベースになっていると考えられています。
戦況の悪化で代用燃料車に改造された車両を除いて一旦は全ての車両が休車となりましたが戦後、輸送需要が増大するにつれて旅客車の不足が問題となり、一部の車両が天然ガス動車や新型ディーゼル機関に載せ替えられるなどして復活。
それでもなお不足する分は同じ図面を用い、新たに製造されました。
この製品はキハ41500形のうち、戦後に製造された車両(41600形)のエンジンを41300形と同じDMF13に載せ替えたキハ04形100番代をプロトタイプとし、晩年、宇品線(広島県)で活躍したキハ04 104とキハ04 106を製品化。
新製時から付けられていた雨樋や引退時まで交換されなかった木製ドアなどの特徴を再現致します。

【商品名】 国鉄キハ04形100番代 2両セット
【発売日】 2018年3月
【価格】 3,000円(税抜)



対応走行パーツ等




鉄道コレクション製品一覧

■鉄道コレクション1両セット

■鉄道コレクション2両セット

■鉄道コレクション3両セット

■鉄道コレクション4両セット

■鉄道コレクション7両セット