客車

JR 14系客車(能登)基本セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2015.01.20(更新日 2015.07.01)

「能登」は上野と金沢を信越線経由で運行された急行列車で、横川~軽井沢間の碓氷峠では補機のEF63を連結して運転されました。
1982年に14系客車へ車両が変更となり、寝台と座席の混成編成で初めは荷物車のマニ50も連結されていました。
観光シーズンは七尾線への延長運転等も行われました。
1993年より489系電車に変更され14系客車による運用は終了しました。

品番
92523
品名
JR 14系客車(能登)基本セット
価格
12,200円(税抜)
発売月
2015年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●EF62形電気機関車けん引の急行「能登」を14系で再現
●スハネフの3段ベット寝台に対応したシートを新規製作
●オハネ14も3段ベットに対応したシートで表現
●3段寝台のスハネフ・オハネのドア横ひとつ星マーク「★」を印刷済で表現
●スハネフ、オハネのクーラーも別部品化
●ドア部の白帯が無い姿を再現
●スハネフ14、スハフ14の発電用エンジン別部品灰色成形で再現
●窓ガラスのHゴムは灰色で表現
●JRマーク印刷済
●トレインマークは「急行」文字印刷済(オハフ15は除く)
●車番は選択式で転写シート付属
●テールライト・トレインマーク白色LED基板装備
●新集電システム、黒色車輪採用
●スハネフの車掌室側はダミーカプラー・ジャンパ栓装着出荷

製品内容

【車両】
●スハネフ14
●オハネ14
●オハフ15
●オハ14
●スハフ14

【付属品】
●ランナーパーツ(スハフ):ジャンパ栓(床下)
●ランナーパーツ(スハフ・オハフ):ジャンパ栓、ホース(車体)
●パーツ:カプラー付台車枠
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る