レールを増やしてアレンジプラン

イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真

トミックスレールのレイアウトを発展させるため、まずは単品レールを追加するアレンジからチャレンジしてみましょう。ここでは小判型のレールパターンAをベースにその一例を紹介いたします。
レールパターンAは、ベーシックセットSDシリーズやマイプランLTに付属するレールプランで、あらゆるレールパターンの基本となります。

ベースとなるレールパターンA

まずは、レールパターンAを組んでみましょう。
レールパターンA(小判形)の組み方はベーシックセットの紹介「オールインワンセット」ページをご覧ください。



トミックスビギナーパンフレットもご覧ください。(PDF)

直線部分を延長する

直線部分を延長してみましょう。レールパターンAにストレートレール(S140PC)を手前と奥側に同じ数だけ追加します。


ポイントを追加しよう

レールを分岐させるポイントを追加すると、車両の進路に変化がついて、運転の楽しみ方がより広がります。ポイントレールPL541-15を追加することで、内側への分岐が可能になります。

十字クロス8の字を作る

8の字で回転するプランにアレンジしてみましょう。クロス部分で車両がレールを横切る、見ていて楽しいプランです。十字のクロッシングレールX37-90(F)を追加することで、可能になります。


複線化してみる

レールパターンAの外側にレールを置けば、複線化も簡単にできます。直線部分は同じ長さのものを、曲線区間は1つ半径の大きなレールを配置すれば完成します。ここでは、直線を延長したレールパターンAの外側にカーブレール(C317PC)で複線化してみました。



※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※詳しくは製品に付属の説明書をご参照ください。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

トミックス入門 に戻る