製品検索

電車

国鉄 72・73形通勤電車(南武線)セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2022.06.09(更新日 2022.08.09)

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯ヘッドライト1灯
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

72・73形は4ドア通勤電車の元祖として登場し、晩年は首都圏近郊や地方ローカル線で置き換え活躍しました。
モハ72形のうち1954年度以降に製造されたモハ72-500は屋根の高さが低くなり台車もDT17形に変更されました。
後年短編成化で不足する先頭電動車はモハ72形の改造でまかなわれ、モハ72-500の改造車はクモハ73-600となりました。
南武線では1960年代~1978年にかけて活躍しました。

品番
98489
品名
国鉄 72・73形通勤電車(南武線)セット
価格
18,810円(税込)
発売月
2022年11月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

ポイント

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●モハ72-500、クモハ73-600を新規製作で再現
●モハ72-500、クモハ73-600は窓がアルミサッシ化されたアコモ改善車を再現
●モハ72-500、クモハ73-600の台車はDT17形を新規製作で再現
●クハ79形は全金車、サハ78形は三段窓の残る車両を再現
●<98490>鶴見線セットとの組み合わせにより4両+2両の6両編成を再現可能
●Hゴムはグレーで再現
●ベンチレーター・避雷器は取り付け済み
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
●前面表示部はカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
●前面表示部、前面サボは印刷済みパーツ選択式で「立川・川崎・登戸・稲城長沼」付属
 前面サボは<98490>で増結車を再現する際などに使用可能
●配管付き密連形TNカプラー(SP)装備
●先頭車運転台側は胴受けの小さいTNカプラーを採用
●車番は選択式で転写シート付属
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、黒色車輪採用
●M-13モーター採用

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●クハ79-920
●モハ72-500(M)
●サハ78
●クモハ73-600(偶数車・近代化改造車)

【付属品】
●ランナーパーツ:排障器
●ランナーパーツ:前面表示部
●ランナーパーツ:ATS車上子
●ランナーパーツ:前面サボパーツ
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る