TOMIX

  1. TOP
  2. 製品検索
  3. 製品情報
  4. 国鉄 キハ35-0・500形ディーゼルカー(相模線色)セット

ディーゼルカー・ハイブリッド車 国鉄 キハ35-0・500形ディーゼルカー(相模線色)セット

2023年07月13日(更新日:2024年01月23日)

ディーゼルカー・ハイブリッド車 国鉄 キハ35-0・500形ディーゼルカー(相模線色)セット

2023年07月13日(更新日:2024年01月23日)

※掲載している写真は試作品で製品と仕様が一部異なる場合があります

キハ35系は国鉄の一般形ディーゼルカーで1961年に登場しました。
キハ35形は片運転台のトイレ付車両で、寒地向けに製造された500番代は屋根上のベンチレーターが角形になっていました。
相模線の車両は1986年頃よりクリームに青帯の姿に変わりました。

  • Nゲージ
  • ハイグレード
品番 98130
価格 12,100円(税込)
発売月 2024年01月
JANコード {{ jancode }}
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット
アイコンの見方と機能
  • 編成例

  • 特徴

    ●ハイグレード(HG)仕様
    ●500番代は0番代と異なるベンチレーターと床下水タンクを再現
    ●0番代は前面補強板なし、500番代は補強板あり(補強板は付属パーツでユーザー取付)で作り分けて補強板の有無で異なる青色部分の塗分けを再現
    ●補強板がある0番代、補強板が無い500番代を再現したい場合は屋根と下回りを互いに入れ替えることで再現可能
    ●ヘッドライトは新規の内側に段がある2灯式シールドビームで再現
    ●テールライトは、実車で元からあるいは改造によって外バメ式になった姿を前面新規で再現
    ●前頭部排障器は台車一体型、ジャンパホースは別パーツ付属で再現
    ●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付き
    ●ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
    ●前面表示部はカラー行先表示部採用により白色に近い色で点灯
    ●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「茅ヶ崎-橋本」を装着
    ●前面表示部は交換用「茅ヶ崎-海老名・茅ヶ崎-寒川・橋本-厚木・橋本-原当麻・臨時・普通(白地)」印刷済み別パーツを付属
    ●車番・所属表記・JRマークは選択式で転写シート付属
    ●フライホイール付動力採用
    ●新集電システム、黒色車輪採用
    ●M-13モーター採用
    ●TNカプラー(SP)標準装備

    N情報室も合わせてご覧ください。

  • 製品内容

    【車両】
    ●キハ35-0(M)
    ●キハ35-500

    【付属品】
    ●ランナーパーツ:前面表示部
    ●ランナーパーツ:無線アンテナ
    ●ランナーパーツ:ジャンパホース
    ●ランナーパーツ:前面補強板
    ●ランナーパーツ:カプラーチェーン
    ●パーツ    :幌枠
    ●パーツ    :治具
    ●転写シート  :車番、JRマークなど

  • オプショナルパーツ

  • パッケージ形態

    ウインド付紙箱

    ウインド付紙箱
  • 関連製品

  • ※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
  • ※掲載しておりますイラスト・写真は製品と一部異なる場合があります。
  • ※掲載しております実車の写真は各種権利の関係上、すべて転載禁止とさせていただきます。
  • ※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
  • ※製品の仕様は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
  • ※無断転載・複製を禁じます。

JR東日本商品化許諾済