電気機関車

国鉄 EF71形電気機関車(1次形)

  • Nゲージ

2020.12.10(更新日 2021.06.17)

※レールは別売りです
※レールは別売りです
  • ※レールは別売りです
  • ※レールは別売りです
  • 編成イメージ ※<98737>キハ81使用 ※製品内容以外は付属しません。
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • フライホイール付モーター車
  • マグネットカプラー
  • TNカプラー

アイコンの見方と機能

EF71は奥羽本線板谷峠の勾配区間を考慮した交流電気機関車として1968年に登場しました。
ED75をF級にしたような大型の車体が特徴で、サイリスタ位相制御や交流回生ブレーキを採用し、勾配用として非常用ブレーキ装置など特殊な装備も有していました。
単機およびED78や同形同士の重連での列車牽引や、キハ80系やキハ181系「つばさ」では補機としても活躍しました。

品番
7151
品名
国鉄 EF71形電気機関車(1次形)
価格
8,360円(税込)
発売月
2021年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●キハ81「つばさ」に合わせ、EF71形電気機関車を新規で製作
●前面に通風口がある1次形を再現
●貫通扉にヘッドマーク掛けが無い初期の姿を再現
●付属のTNカプラーで品番98737のキハ81つばさセットのキハ81と連結可能
 ※キハ81と連結した場合、通過カーブ半径は280mm以上となります
●ダミーカプラー付属
●ナンバープレートは別パーツ付属「EF71-1・6・7・10」付属
●運転台シースルー表現
●屋根上ホイッスル・信号炎管別パーツ付属
●解放テコ別パーツ取付済み
●前面手すり別パーツ付属
●ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッドライトは電球色LEDで点灯
●ボックス輪心付車輪採用、キハ81との連結を考慮し車輪ゴムは無し
●フライホイール付動力採用
●黒色台車枠・黒色車輪採用
●M-13モーター採用

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●EF71(1次形)

【付属品】
●ランナーパーツ:前面手すり(縦)
●ランナーパーツ:ナンバー・メーカーズプレート
●ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管
●ランナーパーツ:ダミーカプラー
●パーツ:ダミーカプラー受け
●パーツ:自連形TNカプラー

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る