2019.10.17
第240号 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号) VOL.1
今回のN情報室は、JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)を工場から届いた成形試作品で紹介致します。
※「成形試作品」とは・・・車両形状を確認する為の試作品。そのため塗装や印刷(ロゴマーク・細部の表現)等は表現されていません。
実車photo

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます

北斗星は、1988年青函トンネル開通に合わせ登場した上野~札幌間の寝台特急列車で、個室寝台やロビーカーなど豪華な設備を誇りました。

JR北海道とJR東日本が共同運行する北斗星で1・2号はJR北海道が担当しており、製品は全車個室化が行なわれる1991年夏頃以前の、開放式B寝台車が多数連結されていたときの姿を再現しています。

■オロネ25-550(増結セット)


ツインデラックスでも客室が上下に配置されたオロネ25-550を新規で再現しています。

■オロハネ25-550(基本セット)


基本セットのオロハネ25は4両あるロイヤル・デュエット車で唯一オハネ14から改造された554番をイメージしており、他の3両と比較してロイヤル室の窓が大きく、クーラーも異なる姿を新規に再現しました。

■スハネ25-500(基本セット)


スハネ25-500は通常の金帯3本でトイレ窓が有る姿を新規に再現しています。

※台車は仮になっており、製品はシリンダー表現のないTR217台車となります。

■サイドビュー


増結セット
オロネ25-550

基本セット
オロハネ25-550

基本セット
スハネ25-500
※台車は仮


※TOMIX N情報室ではいち早く情報をお伝えするために試作品の写真を掲載しており、製品とは仕様が異なる場合があります。
※製品によってはメーカー在庫なし、生産終了などのため入手困難な場合があります。ご了承ください。
※バックナンバーは掲載当時の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※無断転載・複製を禁じます。