客車

JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)基本セット

  • Nゲージ

2019.07.11

※写真は実車でイメージです ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車でイメージです ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯テールライト
  • 新集電システム
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット
  • TNカプラー

アイコンの見方と機能

北斗星は、1988年青函トンネル開通に合わせ登場した上野~札幌間の寝台特急列車で、個室寝台やロビーカーなど豪華な設備を誇りました。
JR北海道とJR東日本による共同運行で、1・2号はJR北海道が担当していました。
後年、全車個室化が行なわれる1・2号も1991年夏頃までは開放式B寝台車が多数連結されていました。

品番
98676
品名
JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)基本セット
価格
15,900円(税抜)
発売月
2019年12月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●24系北斗星客車に新規車両登場で、JR北海道の1・2号編成を再現
●個室化が進む前の開放B寝台車が多数連結されている1・2号で再現
●オロハネ25はロイヤル・デュエット車でロイヤル室の窓が大きい554番を新規再現
●スシ24のテーブルランプはJR北海道特有の赤いシェードタイプで点灯
●スシ24の厨房室窓は固定化されてなく金帯は通常の3本帯で再現
●オハネフ25、カニ24のJRマークは印刷済み
●オハネフはベッドシートパーツとハシゴパーツを組込み実感的に再現
●スハネ25-500は通常の3本帯でトイレ窓が有る姿を新規に再現
●オハネフ25-200の車掌室側はアーノルドカプラー、カニ24はダミーカプラー装着
●カニ24テールライト側用のTNカプラーは自連形を新規付属
●カニとオハネフ25-200のトレインマークは「北斗星」印刷済みで白色LED点灯
●オハネフ25-0は基板非装備、トレインマークは「北斗星」印刷済み
●オハネフ25-200とカニ24のテールライトは常点灯基板装備
●オハネフ25-200のテールライト、トレインマークはON-OFFスイッチ付
●車番は選択式で転写シート付属
●新集電システム、黒色車輪採用

製品内容

【車両】
●オハネフ25-200
●スハネ25-500
●スシ24-500
●オロハネ25-550
●オハネフ25-0
●カニ24-500

【付属品】
●ランナーパーツ:電話アンテナ
●パーツ:幌枠(オハネフ用)
●パーツ:台車枠(カプラー有・カニ24用)
●パーツ:台車枠(カプラー無・オハネフ25用)
●パーツ:ジャンパホース(オハネフ用)
●パーツ:ダミーカプラー(オハネフ用)
●パーツ:TNカプラー(カニ24用)
●パーツ:治具
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る