電車

国鉄 153系電車(新快速・低運転台)セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2020.04.09

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

153系は新性能電車の101系通勤電車をベースに、準急・急行用に開発された電車で1958年に登場しました。
激化する京阪神の鉄道シェア争奪戦に対抗した国鉄の「新快速」は、1972年より急行電車である153系が、明灰色に青帯のスマートな姿で投入され、スピードと高頻度運転を武器に、並み居る私鉄強豪へ戦いを挑みました。
先頭車は低運転台車、高運転台車と一部クハ165も入っていました。
「新快速」としては6両編成で運用されましたが、この編成を2本組んだ12両長大編成による快速列車も存在しました。

品番
98706
品名
国鉄 153系電車(新快速・低運転台)セット
価格
23,200円(税抜)
発売月
2020年09月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●新モーター(M-13)採用
●伝説の新快速「153系ブルーライナー」を再現
●低運転台先頭車による「新快速」セット
●先頭車はジャンパホース有無による奇数、偶数車を作り分けて再現
●モハ152・153は妻面の窓が片側だけの後期型を新規で再現
●前面表示部は印刷済みパーツで「京都」「大阪」「姫路」「西明石」付属
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッドマークは「新快速」と快速運用時のストライプを印刷済み付属
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●前面表示部はカラープリズム採用により白色に近い色で点灯
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●クハ153-0(低運転台・奇数車)
●モハ153(後期型・T)
●モハ152(後期型)
●モハ153(後期型・M)
●モハ152(後期型)
●クハ153-0(低運転台・偶数車)

【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:前面表示部
●ランナーパーツ:スノープロウ、流し管
●ランナーパーツ:流し管
●ランナーパーツ:ヘッドマーク
●ランナーパーツ:ジャンパホース、ATS車上子
●シール:運行番号表示用
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る