電車

JR 103-1200系通勤電車増結セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2021.10.14

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

103系は1963年に登場した直流形通勤電車です。
モデルチェンジを重ね1984年までの間に3447両が製造されました。
103系1200番代は営団地下鉄東西線の乗り入れ用として1970年に登場した車両で基本構造は先に登場していた千代田線乗り入れ用の1000番代と同様ですが、保安装置の違いなどから乗務員扉直後に戸袋窓があり、301系と編成を揃える関係でクモハ102形が製造されたりと、特有の姿となっています。
1972年以降に製造された増備車では側面窓の形状がユニットサッシとなりました。
登場当時は灰色9号に黄色の帯を纏った車体色でしたが中央・総武緩行線に205系が投入されると、それと配色が似ており誤乗の恐れがあったことから、帯色を営団地下鉄東西線のラインカラーである水色に変更されました。
非冷房で登場した103系1200番代ですが、後年、AU712形分散クーラーを用いて、冷房改造が行われました。
2003年に後継のE231系800番代に置き換えられ、引退しました。

品番
98471
品名
JR 103-1200系通勤電車増結セット
価格
17,160円(税込)
発売月
2022年05月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●AU712形分散クーラーを新規製作
●側面の帯は青色で再現
●各Hゴムはグレーで再現
●車番は選択式で転写シート対応(転写シートは基本セットに付属)
●新集電システム、黒色車輪採用
●各連結面間には配管付きTNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●モハ103-1200(T)
●モハ102-1200
●サハ103-0
●モハ103-1200(T)
●モハ102-1200

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る