私鉄・第三セクター

名鉄キハ8200系(北アルプス)セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2021.07.08

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

名鉄キハ8200系は国鉄高山線への乗り入れ車両として開発されたディーゼルカーで1969年より運行を開始しました。
先に登場したキハ8000系と同様に車両限界の小さい名鉄線内を運行するため車体幅を国鉄車両より小さくし、側面窓は同社の7000系パノラマカーに準じた連接窓となりました。
同系は走行用エンジンを2基としたため、全長がキハ8000系より長くなりました。
登場時は国鉄キハ58系に準じた急行塗装でしたが、1976年に特急列車へ格上げされ塗装も国鉄キハ82系に似た塗装となりました。
1991年にキハ8500系へ置き換えられ全車廃車となりました。

品番
98446
品名
名鉄キハ8200系(北アルプス)セット
価格
24,640円(税込)
発売月
2022年01月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●名鉄キハ8200系を新規製作で再現
●塗装は1976年からの特急格上げ時の塗装で再現
●印刷済みトレインマークは「北アルプス」装着済み、「犬山うかい号」付属
●車番は印刷済み
●側面の「名古屋鉄道」社名板は印刷済み
●シートはカラーシートで再現
●ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッド・テールライト、トレインマークは電球色LEDによる点灯
●トレインマークはカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
●TNカプラー(SP)標準装備
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、銀色車輪採用
●M-13モーター採用

製品内容

【車両】
●キハ8201
●キハ8203
●キハ8205(M)
●キハ8204
●キハ8202

【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:ジャンパ栓、ジャンパホース
●ランナーパーツ:排気管
●パーツ:幌枠
●パーツ:トレインマーク

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る