電車

JR 485系特急電車(京都総合運転所・白鳥)増結セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2020.10.08(更新日 2021.04.08)

485系は直流、交流50/60Hzの3電源に対応した特急用車両として1968年に登場し、全国の電化区間で活躍しました。
大阪-青森で運行されていた特急「白鳥」には、1997年から2001年の廃止まで京都総合運転所に所属する485系が使用されていました。

品番
98387
品名
JR 485系特急電車(京都総合運転所・白鳥)増結セット
価格
13,640円(税込)
発売月
2021年04月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●モハ485はAU13形クーラーを搭載した姿で再現
●モハ484は200番代を再現
●Hゴムは黒色で再現
●非常口が撤去され、洗面所窓のない姿を再現
●車番は選択式で転写シート対応(転写シートは基本セットに付属)
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●モハ485(AU13搭載車)
●モハ484-200(T)
●モハ485(AU13搭載車)
●モハ484-200(T)

【付属品】
●ランナーパーツ:トイレタンクR

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る