電車

国鉄 165系急行電車 増結セットC

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2010.04.01(更新日 2014.03.27)

165系電車は直流電化区間の主に山岳線向け急行電車として1963(昭和38)年に登場した国鉄急行電車の代表的車両です。
サハ164は普通客室の3分の1が売店になった車両で独特な窓配置が特徴、サハシに替わり中央線や上越線で使用されました。

品番
92388
品名
国鉄 165系急行電車 増結セットC
価格
9,240円(税込)
発売月
2010年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●グリーン車サロ165と売店車サハ164が入った増結セット
●売店車サハ164を新規で製作
●サロ165は緑の帯とグリーンマークを印刷済で再現
●冷房改造後の姿
●基本Aと増結Aとなら上越線急行佐渡が、基本Bと増結Bとなら中央線急行アルプスの編成に単品を含めて発展できる
●車番転写シート選択式
●新集電システム、黒色車輪採用

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●サロ165(帯入り)
●サロ165(帯入り)
●サハ164

【付属品】
●ランナーパーツ:トイレタンク、流し管
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ウインド付紙箱
ウインド付紙箱

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る