ディーゼルカー

国鉄ディーゼルカー キハ182-0形(T)

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2008.04.02(更新日 2014.03.27)

キハ183系は1981(昭和56)年、北海道の老巧化したキハ82系特急形ディーゼルの置き換え用に登場した車両です。(試作車は1979(昭和54)年に登場)
キハ183系シリーズ最初の0番代車は独特な非貫通スラントノーズ前面を持ち、0番代だけで最長10両編成で活躍していました。

品番
2407
品名
国鉄ディーゼルカー キハ182-0形(T)
価格
1,800円(税抜)
発売月
2008年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●<92345>キハ183-0系基本セット、<92346>キハ183-100系基本セットの増結用
●増結用中間トレーラー車
●国鉄特急車両の標準的カラー赤・クリーム塗装で国鉄時代に活躍していた姿をイメージ
●車番転写シート対応(転写シートは基本・増結セットに付属しているものを使用)
●ボディマウントTNカプラ-取り付け可能
●新集電システム、黒色車輪採用

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●キハ182-0(T)

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る