2020.8.28
第251号 JR 205系通勤電車(山手線) VOL.1
今回のN情報室は、JR 205系通勤電車(山手線)を工場から届いた成形試作品で紹介致します。
※「成形試作品」とは・・・車両形状を確認する為の試作品。そのため塗装や印刷(ロゴマーク・細部の表現)等は表現されていません。
205系(山手線)編成イメージ205系(山手線)編成イメージ ※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります ※レールは別売りです

205系は1985年に登場した通勤電車です。それまでの国鉄車両とは異なりステンレス車体や界磁添加励磁制御方式の採用など当時の最先端の技術が使われました。また、本形式が通勤形電車においては国鉄最後の設計車両となり、JRに民営化後もしばらく増備されました。

TOMIXでは209系や207系、E231系など多くの通勤電車を商品化してきましたが、多くのお客様から205系の製品化のお声をいただきました。そんなお声にお応えするべく205系を新規に製品化いたしました。

実車photo

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます

■205系山手線仕様で製品化


photoクハ205 ※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります

205系は増備された年月も長く、多くのバリエーションがあります。
その中で1番最初に製品化するのはどれか社内でも喧々諤々と議論を行いました。そしてやはり1番最初の製品は実車も1番最初に量産導入された山手線がよいだろうという結論になり、今回は山手線仕様で製品化いたしました。
山手線仕様は側面のドア窓が小さいのが特徴で、模型でも再現しています。

■先頭部の前面表示ユニットは新たに製作


先頭部の前面表示は新たな部品を製作いたしました。
写真ではわかりにくいですが、行先表示と運行番号部分は凸の形状になっており、表示部分を前面ガラスに近づけることにより、より実感的になりました。
今までの通勤電車と同様に行先を変更することができます。

※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります

■ジャンパー栓受けパーツ付属


クハ205には別パーツでジャンパー栓受けのパーツがあり、お好みにより取り付けられます。

※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります ※レールは別売りです

■サハ204


photo※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります

山手線には特徴ある車両として側面に6つドアを持つサハ204が連結されていました。こちらも新規製作で再現します。

photo※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります

クーラーや情報提供サービス用の受信アンテナ(矢印)も再現しています

■サイドビュー


photo※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります ※レールは別売りです

クハ205

photo※写真は試作品の為、実際の製品と異なる場合があります ※レールは別売りです

サハ204

 
詳細情報<98699>JR 205系通勤電車(山手線)基本セットも合わせてご覧ください。


※TOMIX N情報室ではいち早く情報をお伝えするために試作品の写真を掲載しており、製品とは仕様が異なる場合があります。
※製品によってはメーカー在庫なし、生産終了などのため入手困難な場合があります。ご了承ください。
※バックナンバーは掲載当時の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※無断転載・複製を禁じます。