2019.5.28
第236号 JR N700-9000系(N700S確認試験車)新幹線 VOL.1
今回のN情報室は、JR N700-9000系(N700S確認試験車)新幹線を工場から届いた成形試作品で紹介致します。
※「成形試作品」とは・・・車両形状を確認する為の試作品。そのため塗装や印刷(ロゴマーク・細部の表現)等は表現されていません。
実車photo

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます

N700S確認試験車は、JR東海のN700系以来となるフルモデルチェンジ車両です。

今回、この最新のN700-9000系(N700S確認試験車)を新たにN700系新幹線グループにラインナップいたします。

■N700系に比べ、先頭部のサイドにエッジを立てた形状になったN700S確認試験車


従来のN700系と比べ、先頭部のサイドにエッジを立てた形状の「デュアルスプリームウイング」と呼ばれる形に進化した姿が特徴です。

ヘッド・テールライトの形状もN700系からより精悍なイメージのデザインに変わっています。

■2号車はパンタグラフ台準備車


パンタグラフ台準備車の2号車屋根上を再現しています。

■5号車パンタグラフ付き車


N700系とはパンタグラフの形状が変わっています。
取付け足ガイシがN700系では3本だったのが、N700Sでは2本に変更されるなどしています。

※ガイシ部分が成形試作品ではグレーになっていますが、製品では白になります。

■N700 Supremeロゴマークを再現


■N700Sの「S」は最高を意味する「Supreme」の頭文字です。

N700系の青色系から金色系になった「N700 Supreme」のロゴを再現しています。

■フック・U字型通電カプラー採用


従来のトミックスN700系で採用されていたフック・リング型からフック・U字型通電カプラーになります。

■T車の台車集電板の形状を変更


地味で目立たない変更ですが、T車の台車集電板の形状を変更し車輪の転がりをより改善しました。

■サイドビュー


1号車743形

2号車747形

5号車745形M

16号車744形


※TOMIX N情報室ではいち早く情報をお伝えするために試作品の写真を掲載しており、製品とは仕様が異なる場合があります。
※製品によってはメーカー在庫なし、生産終了などのため入手困難な場合があります。ご了承ください。
※バックナンバーは掲載当時の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※無断転載・複製を禁じます。