2019.4.25
第234号 JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ) VOL.1
N情報室は今号からレスポンシブ対応デザインとなり、スマートホンからも見やすくご覧になれるようになりました。
今回のN情報室は、JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)を工場から届いた成形試作品で品番<92264>700-3000系との違いを中心に紹介致します。
※「成形試作品」とは・・・車両形状を確認する為の試作品。そのため塗装や印刷(ロゴマーク・細部の表現)等は表現されていません。
実車

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます

700系はJR東海に所属する東海道・山陽新幹線用の車両で0系、100系の置換用として登場しました。

東海道・山陽新幹線全体の高速化を図るべく開発され、最高速度は285km/hで、車内の居住性や乗り心地の改善がなされました。

トミックスからはすでに3000番代が製品化されていますが、今回0番代を新たにラインナップいたします。

■裾にジャッキアップ穴の無い姿を再現


本製品の0番代では3000番代にあるジャッキアップ穴がない姿を再現しました。

■側面方向幕の形状の違いを再現


3000番代とは異なる側面方向幕の形状の違いを再現しました。

■客ドア窓の位置が高い姿を再現


モデルとした0番代後期型車両の特徴である、客ドアの窓が高い姿を再現しました。

■可動ホロを採用


品番<92264>700-3000系では固定式のホロでしたが、本製品では可動ホロを採用しました。

■通電カプラー採用


本製品のカプラーには通電カプラーを採用し、走行中のチラツキを軽減しました。

■サイドビュー


5号車
725-300(M)

16号車
724-0


※TOMIX N情報室ではいち早く情報をお伝えするために試作品の写真を掲載しており、製品とは仕様が異なる場合があります。
※製品によってはメーカー在庫なし、生産終了などのため入手困難な場合があります。ご了承ください。
※バックナンバーは掲載当時の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※無断転載・複製を禁じます。