ファーストカーミュージアム

ファーストカーミュージアム JR 500-7000系山陽新幹線(500 TYPE EVA)

  • Nゲージ

2020.02.13(更新日 2020.06.01)

500系7000番代は2008年より新大阪-博多間のこだま用へと改造され、編成は短い8両で活躍を開始しました。
2015年秋から2017年3月まで1編成が新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクトで特別なラッピングがされてました。
ファーストカーミュージアム紹介サイトを公開中!

品番
FMC-02
品名
ファーストカーミュージアム JR 500-7000系山陽新幹線(500 TYPE EVA)
価格
4,800円(税抜)
発売月
2020年10月

特徴

●手軽に精密なNゲージ鉄道模型をディスプレイして楽しめるファーストカーミュージアム
●山陽新幹線全線開業40周年の記念ロゴがない姿を再現
●車番は印刷済み
●号車番号(1号車)印刷済み
●ヘッド・テールライトは、別売りのFM-017電源ユニット、パワーユニット・D.C.フィーダーを使うことで点灯
●ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
●銀色車輪採用
●すぐにディスプレイ可能なストレートレールS158.5(F)付属(塗装・印刷なし)
●ストレートレールS158.5(F)は従来のファイントラックと接続可能
●転がり防止用の車輪止め装着済み

※パワーユニットによる運転走行はできません
※カプラー無しの為、連結はできません

製品内容

【車両】
●521-7002(1号車)

【レール】
●ストレートレールS158.5(F)(塗装・印刷なし)

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ウインド付紙箱
ウインド付紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る