TOMIX

  1. TOP
  2. 製品検索
  3. 製品情報
  4. JR 165系急行電車(東海)増結セット

電車 JR 165系急行電車(東海)増結セット

2024年05月08日

電車 JR 165系急行電車(東海)増結セット

2024年05月08日

※写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります

165系は直流電化区間における山岳路線向け用の急行型電車として1963年に登場しました。
急行「東海」は東京~静岡間を結んだ列車で、その歴史は長く1955年に登場した準急「東海」が原点となっています。
1989年以降は静岡運転所の165系が急行「東海」の運用を受け持ち、同列車のほかにも「大垣夜行」の愛称でも利用者に親しまれた375M・372Mという東京~大垣間を走る夜行普通列車において活躍しました。
黄かん色に緑2色の湘南色、グリーン車を連結した急行電車という昔日の国鉄時代の面影を色濃く残した列車として活躍をしていましたが、1996年3月16日のダイヤ改正にて急行「東海」は特急「東海」へと、大垣夜行は快速「ムーンライトながら」へと格上げとなり、合わせて使用車両も165系から373系へと変更とされました。
引退に際し、ダイヤ改正までの約2週間においては基本編成の全編成に往年の姿を模した台形型のヘッドマークが掲載され、東京方は赤色で統一の上、静岡方は編成ごとに異なる色が採用されK1編成の静岡方には黄色のマークが掲載されました。

  • Nゲージ
  • ハイグレード
品番 98854
価格 19,360円(税込)
発売月 2024年11月
JANコード {{ jancode }}
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット
アイコンの見方と機能
  • 編成例

  • ポイント

  • 特徴

    ●ハイグレード(HG)仕様
    ●急行東海、大垣夜行で活躍した静岡運転所の165系K1-1編成を再現
    ●床下がグレーでJRマークが小型のオレンジ色となった姿を再現
    ●無線アンテナ、信号炎管、水タンク、トイレタンクは取付済み
    ●車番、一部表記、JRマーク、靴摺り、ドアレールは印刷済み
    ●ATS車上子別パーツ付属
    ●運行番号表示部は選択式でシール付属
    ●Hゴムはグレーで再現
    ●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
    ●前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
    ●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「急行東京・急行静岡・東京・大垣」付属
    ●フライホイール付動力採用
    ●新集電システム、銀色車輪採用
    ●先頭車運転台側は胴受の小さいTNカプラー(SP)装備
    ●各連結面は配管付きTNカプラー(SP)標準装備
    ●M-13モーター採用

  • 製品内容

    【車両】
    ●クハ165-134
    ●モハ164-807(M)
    ●クモハ165-59

    【付属品】
    ●ランナーパーツ:前面表示パーツ
    ●ランナーパーツ:ジャンパホース
    ●ランナーパーツ:ATS車上子
    ●パーツ    :交換用スカート(クハ165形用)
    ●パーツ    :幌枠(厚型)
    ●パーツ    :幌枠(薄型)
    ●シール    :運行表示部

  • オプショナルパーツ

  • パッケージ形態

    ブック型プラケース

    ブック型プラケース
  • 関連製品

  • ※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
  • ※掲載しておりますイラスト・写真は製品と一部異なる場合があります。
  • ※掲載しております実車の写真は各種権利の関係上、すべて転載禁止とさせていただきます。
  • ※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
  • ※製品の仕様は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
  • ※無断転載・複製を禁じます。

JR東海承認済