電車

JR 485系特急電車(しらさぎ・新塗装)セットB

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2018.05.28(更新日 2018.10.24)

「しらさぎ」は1964年12月に名古屋-富山間で運転を開始した特急列車で、2003年まで485系で運転されていました。
2001年からは「しらさぎ」専用の新塗装が登場、クロ481-2351は唯一の非パノラマグリーン車で、当編成のクハは電連を装備しておらず、クモハを含む付属編成との併結運転は行いませんでした 。

品番
98651
品名
JR 485系特急電車(しらさぎ・新塗装)セットB
価格
26,000円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●2001~03年まで活躍した、しらさぎ用新塗装の485系を再現
●クロ481-2351はクハ489-301を改造して登場した車両で、シート配置が1+2配置とされた姿を再現
●クロ481-2351の床下は、クハ489-300の床下を使用して再現
●クハ481-200は電連のない姿を再現
●サハ481-500はサロ481を改造して登場した車両で、外観はサロそのままだが、シートは普通車と同じとなった姿を再現
●モハユニットはAU13・71クーラー搭載車の姿を再現
●モハ488のパンタグラフは前後で異なるシュー先端の違いを再現
●Hゴムは黒色で再現
●車番は選択式で転写シート付属
●JRマーク・グリーンカーマークは印刷済み
●ヘッド・テールライト・トレインマークは電球色LEDによる点灯で常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●トレインマークは印刷済みでイラストの「しらさぎ」装着済み
●トレインマークはカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●クロ481-2351
●モハ489(AU13搭載車)
●モハ488-200(T)
●サハ481-500
●モハ489(AU13搭載車)
●モハ488-200(M)
●クハ481-200

【付属品】
●ランナーパーツ:特急シンボルマーク
●ランナーパーツ:無線アンテナ等
●ランナーパーツ:トイレタンク、スノープロウ
●ランナーパーツ:トイレタンク
●ランナーパーツ:カプラーカバー
●ランナーパーツ:カプラーカバーアダプター
●パーツ:治具
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る