私鉄・第三セクター

東武100系スペーシア(日光詣スペーシア・新エンブレム)セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2016.08.19(更新日 2017.01.05)

東武100系は1990年登場した「スペーシア」の愛称で親しまれている東武鉄道の特急車両で、浅草・新宿~日光・鬼怒川を結んでいます。
2015年日光東照宮四百年式年大祭を記念し寺社建造物の荘厳なイメージから金色ベースの塗装を施された「日光詣スペーシア」が登場しました。
後に直通運転仕様の1編成にも施され、現在2編成存在します。
眠り猫と三猿のエンブレムが2016年3月より赤色ベースの新エンブレムに変更され、さらなる活躍を続けています。
2016年3月18日でJR東日本との相互直通運転10周年を迎えました。

品番
98617
品名
東武100系スペーシア(日光詣スペーシア・新エンブレム)セット
価格
18,800円(税抜)
発売月
2016年12月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●赤い新エンブレムとなった金色に輝く日光詣スペーシアを再現
●側面窓はスモークガラスで表現
●一般車の座席はブルー系のカラーシートで再現
●カウンター付近はアイボリー系でシートの青と塗分け表現
●号車表示、禁煙表示は印刷済み
●車番は103編成と106編成が選択できる転写シート付属
●106編成に対応した東武鉄道社紋なども転写シートに収録
●ヘッドライトは電球色LED点灯
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、銀色車輪採用
※ボディーマウント式TNカプラー非対応

製品内容

【車両】
●モハ100-1
●モハ100-2
●モハ100-3(M)
●モハ100-4
●モハ100-5
●モハ100-6

【付属品】
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る