ディーゼルカー

国鉄 キハ66・67形ディーゼルカー(冷却機能強化型)セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2020.10.08(更新日 2021.04.15)

キハ66・67形は、1975年山陽新幹線博多開業に合わせ北九州の新幹線連絡輸送用に登場したディーゼルカーです。
新機軸を積極的に採用し、それまでと異なる機能面や車内設備など、その後の国鉄車両に影響を与えました。
後に、機関冷却機能を強化する目的で屋根上に冷却水循環ポンプが増設され、追加された配管含め重厚さが増しました。

品番
98417
品名
国鉄 キハ66・67形ディーゼルカー(冷却機能強化型)セット
価格
21,670円(税込)
発売月
2021年04月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●急行色で屋根上に冷却水循環ポンプを増設した姿を再現
●冷却水循環ポンプや配管の一部は別パーツで、細密感と重厚感を再現
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「急行」「(白地)」を付属
●車番は選択式で転写シート付属
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、黒色車輪採用
●M-13モーター採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●キハ66(T)
●キハ67
●キハ66(M)
●キハ67

【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:前面表示部
●ランナーパーツ:タイフォンパーツ
●パーツ:幌枠
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る