ディーゼルカー

平成筑豊鉄道 400形(旧型車両塗装・なのはな号)セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2020.01.09

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • 新集電システム
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

平成筑豊鉄道は福岡県にある第三セクターの鉄道会社で、旧国鉄の伊田線・糸田線・田川線を承継し開業しました。
平成筑豊鉄道400形は300形以前の車両の置き換えを目的に登場した車両で、2007年から運行を開始しました。
400形の標準塗装となる「なのはな号」は、「菜の花」をイメージした黄色をベースに青色・緑色・水色の3本ラインで車体を包んだデザインになっています。
最後に増備された412号は、300形以前の旧型車両を踏襲したカラーリングで登場しました。

品番
98079
品名
平成筑豊鉄道 400形(旧型車両塗装・なのはな号)セット
価格
10,300円(税抜)
発売月
2020年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●412号は旧型車両塗装の姿を再現
●406号はなのはな号の姿を再現
●車番は印刷済み
●新モーター(M-13)採用
●ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LEDによる点灯
●412号のヘッド・テールライトは両側とも点灯
●406号のヘッド・テールライトは片側のみ点灯
●前面表示部は非点灯
●前面表示部は選択式でシール付属
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、銀色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備
●ミニカーブ通過可能

製品内容

【車両】
●412号(M)
●406号

【付属品】
●ランナーパーツ:ホイッスル、無線アンテナ
●パーツ:カプラーアダプター
●パーツ:治具
●シール:前面表示部

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ウインド付紙箱
ウインド付紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る