ディーゼルカー

JRディーゼルカー キハ40-2000形(JR四国色)(M)

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2021.01.14(更新日 2021.07.08)

※レールは別売りです
※レールは別売りです
  • ※レールは別売りです
  • ※レールは別売りです
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • 常点灯テールライト
  • フライホイール付モーター車
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

キハ40-2000形、キハ47-0・1000形は主に西日本地域向けの暖地対応車で、客窓は2段上昇式のユニット窓を装備しています。
JR四国はキハ40-2000形を11両、キハ47-0・1000形を32両継承し一部車両は現在も活躍しています。
1988年にはキハ40系全車に冷房装置を搭載、1989年にキハ40-2000形はトイレの撤去が行われトイレ部分に通常の側窓を設置、屋根上水タンクの撤去も行われました。

品番
9452
品名
JRディーゼルカー キハ40-2000形(JR四国色)(M)
価格
8,030円(税込)
発売月
2021年07月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●JR四国色となったキハ40-2000形を再現
●トイレが撤去され通常の窓が設置されたボディを再現
●屋根は水タンクが撤去され、低屋根部分が通常の屋根部と同様になり冷房用機器を搭載した姿を再現
●車番は選択式で転写シート付属
●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「徳島」を装着済み
●前面表示部は交換用「高松」「牟岐」印刷済み別パーツを付属
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
●ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
●JRマークは印刷済み
●DT22形台車を装備
●Hゴムは黒色で再現
●床下はグレーで再現
●タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
●信号炎管・列車無線アンテナは別パーツ付属
●フライホイール付動力採用
●銀色車輪採用
●M-13モーター採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●キハ40-2000(M)

【付属品】
●ランナーパーツ:タイフォン
●ランナーパーツ:前面表示部
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:列車無線アンテナ
●パーツ:幌枠
●パーツ:排障器
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る