3両セットシリーズ

JR 321系通勤電車(2次車)基本セット

  • Nゲージ

2008.09.01(更新日 2014.03.27)

JR西日本の新型通勤型電車321系は2005年7月に第1編成が完成し、秋より東海道・山陽線福知山線に投入され営業運転を開始しました。
第17編成以降はパンタ非搭載の車両にあったパンタ搭載用台座がなくなり、スッキリとした屋根上が特徴になっています。
2008年3月よりJR東西線乗り入れが開始されました。

品番
92358
品名
JR 321系通勤電車(2次車)基本セット
価格
9,900円(税抜)
発売月
2008年11月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●各車の乗降用扉横にある半自動ドアボタンは印刷で再現予定
●パンタグラフはWPS27Dの1本シュータイプを搭載
●印刷済み交換式前面方向幕パーツ装着(交換用パーツは増結セットに付属)
●前面JRマーク印刷済み
●車番印刷済み(第22編成)
●ボディマウントTNカプラー対応
●運転台側のみボディマウントTNカプラー装備
●ヘッド・テールライト常点灯基板装備
●フライホイール付き動力搭載
●新集電システム、銀色車輪採用

製品内容

【車両】
●クモハ320-22
●モハ320-44(M)
●クモハ321-22

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ウインド付紙箱吊り下げ式
ウインド付紙箱吊り下げ式

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る