電車

JR 415-1500系近郊電車(九州色)セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2004.04.01(更新日 2014.03.27)

交流電気に50・60Hzの異なる周波数が使用されているため、当初常磐線用401系(50Hz用)と九州用421系(60Hz用)に分けて製造された交直流近郊形電車ですが、直流、交流50・60Hzの3種の電気方式を走行できる415系が1971年に登場しました。
1986年に登場した1500番代は、先に登場した新世代の直流近郊電車211系に準じたステンレス車体が採用されましたが、従来の415系各車との混結を考慮され、搭載している主要機器については大きな変更はなされていません。
九州色の帯色は常磐線仕様とは異なり、青25号の2本帯となっています。

品番
92248
品名
JR 415-1500系近郊電車(九州色)セット
価格
13,600円(税抜)
発売月
2004年01月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ベンチレーター撤去前の姿がプロトタイプ
●JRマーク印刷済み(赤マーク白フチ付)
●車番は選択式転写シート付属
●新集電システム、黒色車輪採用
●ヘッド・テールライト常点灯装備、ON-OFFスイッチ付
●先頭部TNカプラー(SP)装備

製品内容

【車両】
●クハ411-1500
●モハ415-1500
●モハ414-1500(M)
●クハ411-1600

【付属品】
●ランナーパーツ:常磐無線アンテナ
●パーツ:貫通幌
●シール:方向幕、ヘッドマーク
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る