客車

国鉄客車 オハ35形(戦後型・折妻・青色)

  • Nゲージ

2012.04.20(更新日 2014.03.27)

普通座席車のオハ35形は戦前から戦後にかけて1000両以上製造されました。
当初屋根両端が縦横で絞られた丸屋根構造でしたが、後半は製造工程の都合上、屋根が縦方向で絞られていないタイプになり、時代背景から「戦後型」と区別されました。
妻板面を見ると、雨樋部分とそれに繋がる屋根下部が張り出して見え、その独特な形状から「キノコ折妻」「食パン」とも呼ばれていました。
室内灯の蛍光灯化など近代化工事が行なわれた車両は、それまでのぶどう色2号(茶色)から青15号に変更されました。

品番
2515
品名
国鉄客車 オハ35形(戦後型・折妻・青色)
価格
1,980円(税込)
発売月
2012年07月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●オハ35形の戦後型を新規製作で再現
●車体両端が横方向で絞られていない、俗称キノコ型タイプで再現
●車体色は近代化工事車両の青色15号(青色)で再現
●TR34形台車を新規で再現
●乗降ドアは木製で表現、別売のオプションでHゴム窓ドアへの交換可能
●床下機器は電気暖房車設定のトランス付で再現
●車番は選択式転写シート付属
●新集電システム、黒色車輪採用
●自連形TNカプラーオプション対応

製品内容

【車両】
●オハ35(戦後型・折妻・青色)

【付属品】
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る