客車

JR 24系25形特急寝台客車(北斗星・JR東日本仕様)増結セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2017.06.14(更新日 2017.11.01)

北斗星は、1988年青函トンネル開通に合わせ登場した上野~札幌間の寝台特急列車で、個室寝台やロビーカー、食堂車を連結した豪華寝台列車として運転開始時より人気を集めました。
オロハネ24-550は、最上級の個室A寝台ロイヤルと2人用個室B寝台デュエットの寝台設備を持つ車両で、ロイヤルの客室が中央配置となっていました。
オロハネ25-500は、個室A寝台ロイヤルと1人用個室B寝台ソロの寝台設備を持つ車両で、ロイヤルの客室が片側に寄った配置が特徴でした。
オロネ25-500は、2人用個室A寝台ツインの設備をもった車両で、ベッドにもなる赤いソファーと上段ベッド用の極小窓が特徴でした。

品番
98268
品名
JR 24系25形特急寝台客車(北斗星・JR東日本仕様)増結セット
価格
7,200円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●JR東日本担当の編成を再現する増結セット
●単品車両と合せ、1セット使用で北斗星1往復体制以前の編成を、2セット使用で閑散期および最後の臨時編成が再現可能
●各車両のクーラーはステンレスカバータイプをシルバーで再現
●各車両ドア上付近にある「ロイヤル・デュエット」「ロイヤル・ソロ」「ツイン」表示印刷
●車番は転写シート選択式対応(転写シートは基本セットに付属のものを使用)
●新集電システム、黒色車輪採用

製品内容

【車両】
●オロハネ24-550
●オロハネ25-500
●オロネ25-500

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る