ディーゼルカー

国鉄ディーゼルカー キハ10形(M)

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2005.02.24(更新日 2014.03.27)

国鉄キハ10系は、DMH17形エンジンと液体変速機を組み合わせた、本格的なディーゼルカーとして1953(昭和28)年に登場し、グループ全体としては総数728両が製造されました。
その走行線区は全国に及び、その一部は1980年代前半まで活躍していました。
このキハ10系は軽量化のため狭幅車体とされたのが大きな特徴で、同系で確立された新技術は後のキハ20系、急行形キハ58系、特急形キハ80系へと引き継がれていきました。
キハ10形は両運転台・トイレなしの形式で、1956(昭和31)年までに70両が製造されました。

品番
2445
品名
国鉄ディーゼルカー キハ10形(M)
価格
6,800円(税抜)

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●新型の小型モーターを採用し、スリムな車体を正確に表現
●車体裾が台車にかぶる特徴的な車両だが、C243が通過可能
●フライホイール付でスムーズな走行
●常点灯基板装備、ON/OFFスイッチ付
●黒染め車輪採用
●ボディーマウント式TNカプラー装備
●車番転写シート選択式

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●キハ10(M)

【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管ランナー
●ランナーパーツ:2灯用ライトリング
●パーツ:貫通幌
●パーツ:渡り板
●パーツ:排障器
●パーツ:スノープロウ(複線用)
●パーツ:カプラーアダプター
●パーツ:トイレ排水管(使用しません)
●パーツ:スイッチバー
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る