TOP > ラインナップ > バスコレ 走行システム> 基本セットB1・2・3<名鉄・広電・西鉄仕様>
バスコレ走行システム基本セットA2
大人気の走行バス基本セットに新たに3種がラインナップします。今回は名古屋・広島・福岡で活躍する車種を製品化しました。既に発売中の基本セットA・A2とは異なる曲線道路C177を使用したシンプルな楕円コースとなります。「路面レール・広島電鉄特別セット」やワイドトラムレールシリーズと組み合わせることで路面電車との併走もぜひお試しください。
 
 
【商品名】  バスコレ走行システム基本セットB1(名鉄バス仕様)
三菱ふそうバスMP35JM
【発売日】 2013年3月
【価格】 7,800円(税抜)
     
 
【商品名】  バスコレ走行システム基本セットB2(広島電鉄仕様)
日野HT/HU
【発売日】 2013年3月
【価格】 7,800円(税抜)
     
 
【商品名】  バスコレ走行システム基本セットB3(西日本鉄道仕様)
西工96MCワンステップバス
【発売日】 2013年3月
【価格】 7,800円(税抜)
 

セット内容詳細:
バス本体×1個
無塗装バス×1個
専用動力ユニット(スペーサー付属)×1個
曲線道路 C177-30 ×12本
直線道路 S70-RO ×5本
バス停用アプローチ道路 S70-RO×3
バス停ユニット×1式
ステアリングストッパー×1個
マグネットホルダー(センサー)×2個
レールサイドジョイント×24個

約44cm×67cmのスペース
 
ボディに合わせた動力が付属

※各社商品化許諾済
※発売日・価格・製品仕様は諸般の事情により変更する場合がございます。ご了承ください。

 

【バスコレ走行システム】

バスに動力ユニットを入れて、道路を配置…あとはスイッチひとつで運転が始まります。前輪を曲げながらカーブを通過し、バス停では自動停車(通過の選択も可能)。
前輪部に装着されたマグネットが道路裏面に配された金属線をなぞるように走るのがこのシステムの仕組みです。ホンモノのクルマと同じで、前輪は操舵に、後輪は駆動として機能しています。
さらに道路の裏側にセンサーを設置することで、走行速度を2段階に切り替えることも可能。よりハイレベルな楽しみ方にも対応できるよう、TOMIXから発売している路面電車専用レール「ワイドトラムレール」との接続も可能としました。バスとトラムが併走する姿は圧巻です。



ステアリング機能を搭載。前輪で操舵、後輪で駆動。カーブに合わせて前輪を振って通過する様は、まさにホンモノ。

バス停に近づくと幅寄せして停車。数秒後に再発車。自動で動く様子は圧巻。切替スイッチで通過させることもOK。

基本セットBは半径177のカーブ道路が付属しますので、内側にワイドトラムレールC-140を組み合わせれば、簡単に路面電車との併走プランが楽しめます!
Image Gallery

「バスコレ走行システム紹介動画」

THEバスコレクション製品一覧

■ザ・バスコレクション ミニバス編



Nゲージ
Nゲージは鉄道模型の共通企画サイズで1/150スケールで再現する世界です。コレクションシリーズは集めてお楽しみいただく他、ジオラマを飾るアクセントとしてもご利用いただけます。

ザ・バスコレクション 2003年に発売を開始した“ザ・バスコレクション”はジオコレの始まりとなったシリーズ。身近な交通手段であるバスを全国、新旧さまざまな種類からモデル化しています。
TOMIXで培った鉄道模型のノウハウを注ぎ込んだ造形のシャープさ、塗装・印刷など、随所にこだわりが、同系車体でも、事業者ごとに異なるドア配置、形状なども再現。見れば見るほど奥深い作りが魅力的なシリーズです。


路面電車と一緒に バスコレ走行システムで採用している道路パーツはTOMIXワイドトラムレールと共通の規格で設計されています。カーブ半径を上手に組み合わせれば「路面電車とバスの併走」というより実感的な走る楽しさを追求することも可能です。 ▲TOMIXから路面軌道を再現したレール「ワイドトラムレール」

▲鉄道コレクションシリーズの各種路面電車



全国バスコレクション

バスコレ走行システム基本セット