TOP > ラインナップ >ザ・バスコレクション >バスコレで巡る想い出の国鉄ローカル線転換・代替バスシリーズ1 胆振線

バスコレで巡る想い出の国鉄ローカル線転換・代替バスシリーズ1 胆振線

バスコレで巡る想い出の国鉄ローカル線転換・代替バスシリーズ1 胆振線

2017年は1987年に国鉄が分割民営化されてから30年の節目の年。
ちょうどその頃、全国各地の国鉄赤字ローカル線が廃止の運命を辿りましたが、今なお多くの路線がバス路線として活躍中です。
バスコレでは国鉄ローカル線の転換・代替路線として誕生したバス路線をシリーズとして製品化。
第1弾は室蘭本線:伊達紋別と函館本線:倶知安との間を、羊蹄山のふもとを走り結んだ胆振線。
札幌を起終点とし、胆振線を経由し循環運行する急行「いぶり」の存在でも知られておりました。
1986年10月末をもって廃止となり、11月より道南バスが代替運行を開始し、代替運行開始から30年を迎えました。
道南バスは室蘭、登別温泉、苫小牧などにターミナルを置く道内有数規模の事業者で、胆振線は伊達駅前〜倶知安駅前の直通便3往復を中心に、区間便を運行しております。

※道南バス株式会社商品化許諾申請中

【商品名】  バスコレで巡る想い出の国鉄ローカル線転換・代替バスシリーズ1 胆振線
【発売日】  2017年9月
【価格】  1,300円(税抜)
ザ・バスコレクション製品一覧

■ザ・バスコレクション 3台セット

■ザ・バスコレクション ミニバス編

■全国バスコレクション

Nゲージ

Nゲージは鉄道模型の共通企画サイズで1/150スケールで再現する世界です。
コレクションシリーズは集めてお楽しみいただく他、ジオラマを飾るアクセントとしてもご利用いただけます。

ザ・バスコレクション

2003年に発売を開始した“ザ・バスコレクション”はジオコレの始まりとなったシリーズ。
身近な交通手段であるバスを全国各地、新旧さまざまな種類からモデル化しています。

TOMIXで培った鉄道模型のノウハウを注ぎ込んだ造形のシャープさ、行き先表示や塗装・印刷など、随所にこだわっています。
同系車体であっても、事業者ごとに異なるドア配置、車体形状なども再現。見れば見るほど奥深い作りが魅力的なシリーズです。

路面電車と一緒に

全国バスコレクション