TOP > ラインナップ > ザ・バスコレクション > シリーズ第3弾
 


東京都交通局 RE100 横浜市交通局 RE100 名古屋市交通局 RE100 大阪市交通局 RE100
東武バス RE100 岩手県北自動車 RE100 京阪バス RE100 国鉄バス RE100
四国交通 BXD30 京阪バス BXD30 三重交通 BXD30 呉市交通局 BXD30

※各社局商品化許諾済
写真は試作品です。製品とは異なる場合があります。
製品は当時のバス会社の仕様・形式と異なる場合がありますのでご了承ください。





リアアンダーフロアエンジンバスの決定版として昭和42年に登場。汎用性の高さから全国的に普及した。ホイールベース4800ミリの短尺車でモデルは帝国自動車工業製のボディをプロトタイプとしている。窓は初期のバス窓と後期のサッシ窓を作り分ける。


ボンネットバスの最終型として昭和37年に登場。ホイールベースは4300ミリで小回りが効き地方路線や山間部路線で主に使用された。モデルは川崎航空機製のボディをプロトタイプとしている。フロントは初期のヘッドライト2灯と後期の4灯を作り分ける。車齢も浅く、現在でも観光用として使用している事業者もある。


ザ・バスコレクション製品一覧

■バスコレで巡る想い出の国鉄ローカル線転換・代替バスシリーズ

■ザ・バスコレクション ミニバス編



ザ・バスコレクションのパッケージなどでも、お馴染みのバスコレ子ちゃんのページが公開中!彼女のプロフィールや、日記なども見る事もできるぞ!