客車

JR 14-200系客車(ムーンライト九州)増結セット

  • Nゲージ

2017.03.10(更新日 2017.07.27)

1972年に登場した14系座席車は、12系客車をベースとしながらも、同時期の183系特急形電車に準じた仕様となっており、側窓は大きな二重固定窓とされ、座席は簡易リクライニングシートを備えています。
JR西日本では1988年にシュプール号に用いるために改造を施し、外観塗色の変更や、荷物置場の設置などが行われ、200番代に改番されました。

品番
98247
品名
JR 14-200系客車(ムーンライト九州)増結セット
価格
3,600円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●14系200番代を新規製作で再現
●側面窓が一ヵ所埋められた姿を新規製作で再現
●全車Hゴムは黒色で表現
●車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属の物を使用)
●新集電システム、黒色車輪採用

製品内容

【車両】
●オハ14-200(250)
●オハ14-200(250)

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ウインド付紙箱
ウインド付紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る