ディーゼルカー

国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(T)

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2017.11.09

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • 常点灯ヘッドライト2灯以上
  • テールライト点灯
  • TNカプラー
  • オプショナルパーツ
  • 常点灯用室内照明ユニット

アイコンの見方と機能

キハ10系は1950年代に登場した国鉄の一般形ディーゼルカーで、量産型として初の液体式変速機を導入するなど、その後のディーゼルカーの基礎となりました。
小柄な車体により他系列と編成を組むと凸凹的編成となりながら全国各地の非電化路線で活躍しました。
朱色5号1色に塗られた車両が1975年相模線に登場し、場所柄「首都圏色」と呼ばれ、その後塗装規定変更に伴い他の一般形ディーゼルカーを含め各地へ波及しました。

品番
9430
品名
国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(T)
価格
4,300円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●キハ10系で両運転台車トイレ無しのキハ10形のトレーラー仕様
●ヘッドライトは2灯式シールドビームを新規で再現
●各Hゴムは灰色で再現
●貫通扉の渡り板は朱色のパーツ装着、グレーパーツ付属で交換可能
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッドライトは電球色LED点灯
●従来集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー標準装備

製品内容

【車両】
●キハ10(首都圏色)(T)

【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:排障器、スノープロウ
●パーツ:渡り板(グレー)
●パーツ:幌枠
●転写シート:車番

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る