客車

国鉄 12-1000系 客車セット

  • Nゲージ

2017.05.12(更新日 2017.07.27)

12系1000番代客車は主に団体臨時用だった12系を普通列車用に改造したグループで1984年頃に登場しました。
スハフとオハフは乗務員ドアを新たに設置し、外観は白い2本帯が無い姿が特徴でした。
中国地方を中心にDD51やDE10などの機関車にけん引されました。
通常の白い帯がある12系との連結も存在しました。

品番
92303
品名
国鉄 12-1000系 客車セット
価格
9,200円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●普通列車用の12系を再現
●スハフ12、オハフ13は設置された乗務員用ドアを新規で再現
●白い帯がなくなり青一色となった姿を再現
●電源エンジン搭載のスハフ12が入ったセットで単品のオハ12-1000を増結することで6両編成も再現可能
●屋根形状は12系初期車に準じた補強リブが有る姿で再現
●オハフ13の車掌室側はダミーカプラー装着済み
●スハフ12の車掌室側はアーノルド装着済み
●スハフ12の床下エンジンは灰色の別パーツで再現
●窓Hゴム表現は灰色で再現
●車番、JRマークは選択式で転写シート付属
●スハフ、オハフはテールライト点灯でON-OFFスイッチ付
●新集電システム、黒色車輪採用

製品内容

【車両】
●スハフ12-1000
●オハ12-1000
●オハ12-1000
●オハフ13-1000


【付属品】
●パーツ:ジャンパ栓
●パーツ:台車枠(カプラー付)
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る