ディーゼルカー

国鉄ディーゼルカー キハ181形

  • 1/80スケール16.5mmゲージ

2017.09.29(更新日 2018.04.05)

キハ181系は、1968(S43)年10月に登場した気動車特急用車両で、キハ80系に比べ約40%も出力アップをした高性能ディーゼル車です。
名古屋から長野方面、上野から東北方面、関西・岡山から山陰方面、四国島内各方面へと、全国の非電化区間で最大12連の編成で活躍しました。
キハ181系のシンボルである屋根上放熱器はキハ180・キロ180に装備されました。

品番
HO-408
品名
国鉄ディーゼルカー キハ181形
価格
9,800円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●運転台のパノラミックウインドーを再現
●前面の手すりを金属で再現
●ヘッド・テールライトはON-OFFスイッチ付
●シール、転写シート付属
※6両編成で1動力車が目安

製品内容

【車両】
●キハ181

【付属品】
●ランナーパーツ:トレインマークガラス
●ランナーパーツ:ステップ
●ランナーパーツ:車側表示灯
●ランナーパーツ:列車無線アンテナ、信号炎管
●ランナーパーツ(エッチング):ワイパー
●ランナーパーツ(エッチング):前面フック
●パーツ:ジャンパホース
●パーツ:幌枠
●パーツ:電気連結器
●パーツ(金属):手すり(長)
●パーツ(金属):手すり(短)
●パーツ:治具
●シール:トレインマーク
●シール:側面用
●転写シート(メタル):車番
●転写シート:表記

オプショナルパーツ

パッケージ形態

紙箱
紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る