BORG36ED望遠レンズセットII【6238】
品番:【6238】 標準価格:¥58,000(税抜) O・D特価:¥49,300(税抜)
新製品 コ・ボーグ36EDの60Φ鏡筒仕様。本格的な200mm望遠レンズセット誕生。 
4/27(木)発売予定 ご予約は4/14(金)17時開始 

<本製品の特長>
●口径36mm・焦点距離200mm・F5.6EDレンズ搭載。小さくてもシャープな36ED
●本格的なミニボーグ鏡筒DX-SDが標準装備なので非常に快適な操作性を実現。
●ヘリコイドも本格的なM57ヘリコイドDXIIを標準装備しているので微妙なピント合わせが可能。
●基本M57システムなので、豊富なボーグパーツが自由自在に使用可能。最短撮影距離1.5m。
●別売のスリムフラットナ―1.1×【7110】を併用するとAPS-Cの周辺までシャープな像を実現。
●アルカスイス台座を標準装備しているので、鏡筒のスピーディな着脱が可能。
●小さいレンズに太い鏡筒というコントラストの高い組合せでよりクリアーな像が得られる。
●本製品はオールMADE IN JAPAN。小型化が得意な日本の技術を惜しみなく投入。
●本製品の仕様概要はこちら。36EDによる作例画像や使い方の例はこちら。ボーグの歴史はこちらから。
●36ED天体鏡筒セットはこちら。36ED天体フルセットはこちら。※写真のカメラ、カメラマウントは別売。

<本製品開発の背景>
従来の36ED望遠レンズセット【6237】は超小型・超軽量という点で大きなメリットがありましたが、一方でBORGの特長である発展性という点では不利な面もありました。そこで本セットの登場です。60Φ鏡筒を標準装備してM57システムとすることにより、豊富なボーグシステムを自在に応用できるだけでなく、55FL71FLといったより大きな対物レンズにグレードアップが可能になります。まず、「ボーグの高画質を体験してみたい」という手始めのセットとして強くおすすめできます。皆既日食に持参できる最小で最大の能力を発揮する機材をお探しの方にもおすすめです。マウントの違うカメラを入手するたびに望遠レンズまで買い替えるのは無駄だという方にも向いています。

<本製品を入手するとこんな素敵な体験ができる>
・36EDという小口径なのに「なぜこんなに良く写るんだ!」という感動が得られる。
・491gという超軽量と最短撮影距離1.5m(追加品でより接写可)により望遠マクロ撮影が簡単に。
・口径36mmという小口径なのに鏡筒もヘリコイドも本格的すぎる装備。
・36EDがこんなに良く写るなら、より大きなボーグならもっと良く写るはずだと納得してグレードアップ。
・豪華な標準装備品は、他のボーグを使用する際にも大いに役に立つので無駄にならない。
・さらに軽くてスリムな45Φ鏡筒システムでも展開が可能。
・本セットに加えて55FL71FL対物レンズを入手すれば3種類のレンズで違った世界を味わえます。

<コ・ボーグ36EDの紹介記事>※細い45Φ鏡筒の記事になります。
コ・ボーグ36ED活用のススメ(連載記事)
動物園でコ・ボーグ36EDを使う(アサヒカメラNETの記事)
ブログ「鳥・鳥・鳥」コ・ボーグ36ED一覧
ブログ「BORG日記」コ・ボーグ36ED一覧

<本製品使用上のご注意>
・本セットは各種補正レンズ(レデューサー・フラットナ―・テレコンバーター等)が別売です。中心像は非常にシャープですが、周辺像はコマ収差の影響で像が流れます。コマ収差を補正するには、必ず補正レンズを併用下さい。36EDと相性の良い補正レンズは【7110】です。
カメラマウントは別売です。ミラーレス一眼の場合は79217922も合わせてお求めください。

※初回ロットの入荷数に限りがありますので、お早目のご予約(直販及び販売店)をおすすめいたします。本製品のお問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ。 (2017/4/11)
本セット構成パーツ:36ED対物レンズ【2037】、M42P1→M57/60AD【7524】、M57ヘリコイドDXII【7761】、ミニボーグ鏡筒DX-SD【6011】、カメラマウントホルダーM【7000】
36ED望遠レンズセットIIと別売のミニ三脚DX【3306】 ボーグの中でも圧倒的に軽くてコンパクト。ボーグ画質を常時味わいたいなら36ED。
本セットを別売のアルカクランプとミニ三脚DX【3306】に装着。
本セットに別売の絞りM42P1【9421】(7524併用)を装着。さらに別売のアルカクランプとミニ三脚DXに装着。
本セットに別売の絞りM42P1【9421】(7524併用)を装着。さらに別売のアルカクランプとミニ三脚DXに装着。
本セットに別売の絞りM42P1【9421】(7524併用)を装着。さらに別売のアルカクランプとミニ三脚DXに装着。
本セット構成パーツ:ここまでばらせます。これなら収納スペースが理由で携帯を諦める必要がなくなりますので、稼働率の大幅な向上が期待できます。
梅とジョウビタキ:36ED+7110+X-pro2 撮影:中川昇 わずか200mmのレンズとは思えない高解像力を誇ります。
本セットに別売の絞りM42P1【9421】(7524併用)を装着 絞るとさらにシャープになります。被写界深度が深くなり、像が締まります。
羽田空港とスカイツリー:36ED+7110+NEX7 撮影:U様
H-IIロケット:36ED+7110+E-PL1 撮影:山崎四明様 ロケットの本体の文字がここまでくっきりと描写されるのは球面収差の少ない天体望遠鏡ならではです。
カメラマウント交換式:市販のほとんどのレンズ交換式カメラに装着可能。センサーサイズの違うカメラと組み合わせると違う性格のレンズに変身。
八溝山からの富士山:36ED+【7110】+E-M5II 撮影:山内壮介様 福島県と茨城県の県境からの富士山遠望です。
甲子園:36ED+7110+フジX-pro2ボデー 撮影:中川昇 外野スタンドから硬球の縫い目が写ります!
はくちょう座ガンマ星付近:36ED+7110+EOS60D冷却 撮影:まるひ様
スーパームーン:36ED+7110+E-M5 撮影:星川様
ページトップへ戻る