電車

JR 209-1000系通勤電車(中央線)増結セット

  • Nゲージ

2019.02.13(更新日 2019.06.19)

209-1000系は常磐線・地下鉄千代田線直通用として1999年に登場した通勤形電車です。
209-0系をベースとし、前面に非常扉を設置するなど地下鉄運用に対応した車両となっています。
2018年に常磐線での運用を終了し、帯色や保安装置の変更がなされ中央線に転属しました。

品番
98335
品名
JR 209-1000系通勤電車(中央線)増結セット
価格
12,800円(税抜)
発売月
2019年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●オレンジ帯に変更された車体を再現
●本製品(2・3・4・7・8・9号車)と<98334>基本セットで10両フル編成が再現可能
●パンタグラフはシングルアームの姿を再現
●屋根はラジオアンテナがない屋根を再現
●側面ガラスはスモークガラスを再現
●車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属のものを使用)
●新集電システム、黒色車輪採用

製品内容

【車両】
●モハ209-1000(T)
●モハ208-1000
●サハ209-1000
●サハ209-1000
●モハ209-1000(T)
●モハ208-1000

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る