ディーゼルカー

JR キハ82系特急ディーゼルカー(ひだ・南紀)セット

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2016.10.17(更新日 2017.04.03)

キハ82系は昭和36年10月に登場した特急形ディーゼルカーで、その前頭部はデザイン的にも優れた外観をしており、現在でも高い評価となっています。
JR東海に継承されたキハ82系は名古屋を中心に高山方面の「ひだ」と紀伊勝浦方面の「南紀」に引き続き使用され「南紀」はキハ82系による最後の定期運用として活躍しました。
名古屋区所属のキハ82系の多くに晩年アコモ改善が施されました。

品番
98214
品名
JR キハ82系特急ディーゼルカー(ひだ・南紀)セット
価格
19,300円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●昭和36年に登場した特急形ディーゼルカー キハ82系をJR東海仕様で再現
●キハ82はタブレットキャッチャーが撤去された姿で再現
●キハ80は非常口が廃止され、その部分が大窓になった姿を再現
●キロ80は非常口が廃止され非常口扉の溝などが無い姿を再現
●キロ80に設置された公衆電話用のアンテナパーツ付属(ユーザー穴開け取付)
●普通車のシート色はアコモ改善をイメージした茶色系で再現
●トレインマークは交換式でイラストの「ひだ」「南紀」印刷済みパーツ付属
●初回限定で「ホームライナーみえ」のトレインマーク付属
●オレンジのJRマークとグリーンカーマークは印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッド・テールライト、トレインマーク部は常点灯基板装備、ON/OFFスイッチ付
●ヘッドライトは電球色点灯
●トレインマーク部はカラープリズム採用で白色に近い色で点灯
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●キハ82
●キロ80
●キハ80(M)
●キハ80(T)
●キハ82

【付属品】
●ランナーパーツ:特急マーク
●ランナーパーツ:信号炎管
●ランナーパーツ:排気管
●ランナーパーツ:列車無線アンテナ
●ランナーパーツ:ジャンパ栓、ジャンパホース
●ランナーパーツ:電話アンテナ
●ランナーパーツ:ラジオアンテナ
●パーツ:トレインマーク
●パーツ:排障器
●パーツ:幌枠
●パーツ:治具(アンテナ取付穴あけ用)
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る