電車

JR 207-1000系通勤電車(新塗装)基本セット

  • Nゲージ

2008.12.01(更新日 2014.03.27)

JR西日本の207系はJR東日本の207系と同じ系列を名乗っていますが、外観など全く異なった独自のスタイルの通勤電車です。
207系1000番代は、1994年に耐寒・耐雪構造が採用され登場、1997年の東西線開業に合わせてパンタグラフが増設されました。
JR西日本網干総合車両所に所属し、2005年に登場した321系に準じた外観の塗装変更が行われました。

品番
92341
品名
JR 207-1000系通勤電車(新塗装)基本セット
価格
14,800円(税抜)
発売月
2009年02月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●車体塗装は321系に準じた塗装の現在の姿を再現
●パンタ2台搭載の姿を再現
●台車はダンパの装備された姿を新規金型にて的確に再現
●スカートは下部の延長された姿を新規製作にて的確に再現
●前面方向幕交換式
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッド・テールライト常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、銀色車輪採用
●先頭のみTNカプラー装備

製品内容

【車両】
●クモハ207-1000
●サハ207-1100
●モハ207-1000(M)
●クハ206-1000

【付属品】
●ランナーパーツ:アンテナ等
●ランナーパーツ:前面方向幕
●パーツ:スイッチバー
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

ブック型プラケース
ブック型プラケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る