ディーゼルカー

国鉄ディーゼルカー キハ22形(T)

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2007.02.22(更新日 2014.03.27)

キハ20系はキハ10系の車体を大型化して昭和32年に登場した一般形ディーゼルカーです。
キハ22形は窓の小型二重窓化や乗降扉部分のデッキ化など寒地向けに特化した車両で主に北海道や北東北で使用され、北海道ローカル線での主役的車両です。
単行可能の両運転台車両で、製品は屋根上のベンチレーターが6個の1次形(1~170)の標準的なスタイルをプロトタイプとしています。

品番
2479
品名
国鉄ディーゼルカー キハ22形(T)
価格
4,300円(税抜)
発売月
2007年07月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●ハイグレード仕様
●両運転台付車両
●屋根上のベンチレーターが6個の1次形(1~170)仕様
●キハ22特有の小型窓を的確に表現
●クリーム色と朱色の標準色
●二重窓の枠を窓の裏側から印刷して表現
●防雪カバーが付いたエンジンを再現
●常点灯基板装備(電球色LED採用)、ON/OFFスイッチ付
●新集電システム、黒色車輪採用
●ボディマウント式TNカプラー装備

製品内容

【車両】
●キハ22(T)

【付属品】
●ランナーパーツ:2灯用ヘッドライトリング
●ランナーパーツ:タイフォン
●ランナーパーツ:信号炎管
●パーツ:スノープロウ
●パーツ:排障器
●パーツ:前面渡り板(クリーム色)
●パーツ:貫通幌
●パーツ:カプラーアダプター
●パーツ:スイッチバー
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る