ディーゼルカー

JRディーゼルカー キハ183-1550形

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2007.01.09(更新日 2014.03.27)

キハ183-550系はキハ183-500番代からさらにエンジン出力アップなどをおこない、高速化に対応した特急ディーゼル車両で、JR化後の1988年に登場しました。
0番代などと混結して使用されたり、この車両中心に編成された特急北斗ではその高速性を生かし到達時間短縮に貢献していました。
その後さらにスピードアップ化とリニューアルにより塗装と番代が変更され、HET2550番代となっています。

品番
2414
品名
JRディーゼルカー キハ183-1550形
価格
3,000円(税抜)
発売月
2007年04月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●貫通幌別パーツ化
●前面アーノルドカプラー装着出荷
●ダミーカプラーおよびカプラー無し台車を付属して、ダミーカプラー化にも対応
●JRマーク印刷済み
●選択式車番転写シート、シール付属
●ヘッド・テールライト常点灯基板装備 ON/OFFスイッチ付き
●新集電システム、黒色車輪採用
●ボディマウントTNカプラー対応

製品内容

【車両】
●キハ183-1550

【付属品】
●パーツ:貫通幌
●パーツ:ダミーカプラー
●パーツ:台車枠(カプラー枝無し)
●パーツ:ジャンパ栓
●シール:トレインマーク
●転写シート:車番等

オプショナルパーツ

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る