電車

特別企画品 JR 485・489系特急電車(雷鳥・クハ489-600)セット

  • 1/80スケール16.5mmゲージ
  • 特別企画品

2020.07.09

※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
※写真は実車です ※掲載している写真は各種権利の関係上、転載禁止とさせていただきます
  • ヘッドライト2灯以上
  • テールライト点灯
  • 室内照明ユニット
  • フライホイール付モーター車

アイコンの見方と機能

485系は交直流両用の特急電車として1968年から製造された車両で、四国を除く全国各地の主要電化路線で運用されました。
関西と北陸を結ぶ「雷鳥」は長年485系を使用してきましたが、2003年からは、元々スーパー雷鳥用に作られたクロ481-2000パノラマグリーン車を大阪寄りに連結した編成も運用されました。

品番
HO-9095
品名
特別企画品 JR 485・489系特急電車(雷鳥・クハ489-600)セット
価格
136,200円(税抜)
発売月
2020年12月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●9両編成がそろった特別企画品セット
●全車両に室内照明ユニットを組込み済み
●パノラマグリーン車のクロ481-2000形を新規製作で再現
●一部表記印刷済み、側面表示灯取付済み
●クハ489は貫通型の600番代で前面貫通扉が閉鎖された姿で再現
●クハ・モハ・サハの洗面所窓や非常口(モハ・サハ)が無い姿を新規製作で再現
●モハ485-500は床下のトイレタンクや水タンクが撤去され、元洗面所にある窓が唯一残った姿を再現
●サハ481・モハ485-500・モハ484-600はシート新規製作でシートピッチ拡大車を再現
●サハ481はモハ484改造車の600番代で特徴的な屋根を新規製作で再現
●クハ489のトレインマークは印刷済み「雷鳥」付属
●ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
●クハ489のトレインマークは白色LEDによる点灯
●車番は選択式で転写シート付属
●方向幕シールは実感的な裏から貼るタイプで再現
●最小半径R490通過可能

製品内容

【車両】
●クロ481-2000
●モハ485-500
●モハ484-600(M)
●サハ481-600
●モハ485(初期型)
●モハ484(初期型)(M)
●モハ485(AU13搭載車)
●モハ484-200
●クハ489-600

【付属品】
●ランナーパーツ:トレインマーク
●ランナーパーツ:カーテン
●ランナーパーツ:カーテン(クロ481用)
●ランナーパーツ:床下ステップ
●ランナーパーツ:連結器カバー
●ランナーパーツ:ワイパー
●ランナーパーツ:方向幕ガラス
●ランナーパーツ(エッチング):Dコック蓋
●パーツ:無線アンテナ
●パーツ:検電アンテナ
●パーツ:治具
●シール:方向幕、サボ等
●転写シート:車番
●転写シート:表記類

パッケージ形態

紙箱
紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る