客車

国鉄客車 オハ51形

  • 1/80スケール16.5mmゲージ

2006.03.31(更新日 2014.03.27)

オハ51形は旧型の客車を置き換えるために登場した50系客車の北海道向けの車両です。
ドア位置、座席配置などは同じですが、寒冷地を配慮した側面窓の小型化と二重窓により外観の印象は異なります。1979(S54)年に営業運転を開始し、小樽~岩見沢を中心に運用されましたが、普通列車の電車化などにより、1994年に運用を終えました。

品番
HO-580
品名
国鉄客車 オハ51形
価格
7,200円(税抜)
発売月
2006年06月

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●北海道特有の小型窓の車体を再現
●二重窓は上げた状態で表現
●戸袋窓の大きさが変更されたオハ51 11~以降を製品化
●車軸発電機は北海道特有の機械式を再現、台車に取り付け済み
●手すり類は車体モールド表現
●幌枠の吊幌はユーザー取り付けパーツ
●ベンチレーター取り付け済み
●床下にある電気暖房に関するパーツは外した状態で再現
●ケイディーカプラー採用

HO情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●オハ51

【付属品】
●ランナーパーツ:幌吊り
●ランナーパーツ:エアホース
●パーツ:車側灯レンズ
●転写シート:車番、各種表記

オプショナルパーツ

パッケージ形態

紙箱
紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格・発売月は製品発売前では予定を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る