アルカクランプボーグ用【3110】
品番:【3110】 標準価格:¥7,000(税抜) O・D特価:¥5,950(税抜)
新製品 アルカスイス対応のボーグ片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)用クランプ
2017/1/28発売 


<本製品の特長>
・ボーグの片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)【3101】【31012】【3106】専用のアダプターです。
・カメラ業界で人気の規格、アルカスイス対応のアダプターなので、汎用性が抜群です。
・ボーグの微動雲台は粗動と全周微動付なので、天体だけでなく、野鳥用、風景用としても重宝します。
・ロングプレート200【3200】と併用すると、バランスがとてもとりやすくなるので、多くの鏡筒に対応します。
・本製品の登場により微動雲台が望遠鏡だけでなく望遠レンズや地上望遠鏡用の雲台として活用可能。

<本製品開発の背景>
ボーグの片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)【3101】【31012】【3106】は20年も前から発売されているロングセラー商品です。人気の秘密は、この価格で粗動と微動(しかも全周微動!)が使える使いやすさにあります。しかも小型で、スリムで、軽いので、海外旅行用の天体用の微動雲台としても人気がありました。
ただ、プレートの規格がボーグ独自であるため、天体用以外の用途では、あまり注目されない状況で、せっかくの機能が活かされていない、もったいない状態にありました。
そこで、本製品の登場です。プレートの規格を人気のあるアルカスイス対応とすることで、一気に汎用性を高めることに成功しました。これにより、ボーグの片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)【3101】【31012】【3106】の価値が一気に高まったのです。「微動雲台+アルカクランプボーグ用」があれば、お手持ちのボーグや望遠鏡が天体観測用に、日食撮影用に、野鳥観察・撮影用に活躍の場が広がることでしょう。

<本製品を入手するとこんな素敵な体験ができる>
・お手持ちのボーグの片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)【3101】【31012】【3106】の価値が上がる。
・ロングプレート【3200】等の長いプレートが使えるようになるので、搭載できる鏡筒が一気に増える。
・本製品の登場により、海外遠征用の微動雲台の悩みが一気に解決。皆既日食もこれ1台でOK!
・クランプには2か所に水準器付なので、水平を取る必要がある場面でも重宝します。BORGロゴ入り。
アルカクランプボーグ用【3110】の表側。BORGロゴ付。水準器が2か所に装備。
アルカクランプボーグ用【3110】の裏側。ボーグ用アダプターの真ん中にある穴は微動雲台とボーグ用アダプターを固定するネジの抜け止めの役割を果たします。
微動雲台【3106】に装着したアルカクランプボーグ用【3110】
微動雲台【3106】に装着したアルカクランプボーグ用【3110】
微動雲台【3106】に装着したアルカクランプボーグ用【3110】とロングプレート200【3200】
微動雲台【3106】に装着したアルカクランプボーグ用【3110】とロングプレート200【3200】
71FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
77EDIIにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
89EDにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
90FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
対物レンズを外したところに絞りM75を挿入した鏡筒にアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
90FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
片持ちフォーク式赤道儀【3101】にアルカクランプボーグ用【3110】を装着
片持ちフォーク式赤道儀【3101】にアルカクランプボーグ用【3110】を装着
89EDにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
89EDにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
90FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
107FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
本製品の説明書
片持ちフォーク式赤道儀【3101】、微動雲台黒【3106】、アルカクランプボーグ用【3110】
55FLにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
36EDにアルカクランプボーグ用【3110】を使用した組み合わせ例
ページトップへ戻る