ディーゼルカー

JR キハ120-200形ディーゼルカー(木次線・首都圏色)セット

  • Nゲージ
  • ミニカーブレール

2017.12.13(更新日 2018.04.02)

キハ120は1991年に登場した小型ディーゼルカーで、200番代は鋼製の車両です。
2004年頃より改造でトイレ取付改造が始まり2007年頃までに全車両施工され側面窓が埋められました。
木次線のキハ120-200形は、2013年頃より首都圏色に塗り変えられて活躍しています。

品番
98051
品名
JR キハ120-200形ディーゼルカー(木次線・首都圏色)セット
価格
10,300円(税抜)

編成例

画像をクリックするとイメージが表示されます

特徴

●首都圏色になった木次線のキハ120-200形を再現
●車体トイレ搭載により窓埋めされた姿を再現
●スノープロウ付スカート採用
●前面表示部は「宍道」印刷済
●車番印刷済み
●ワンマン表示印刷済み
●車体側面サボ印刷済み
●ヘッド・テールライト常点灯LED基板装備、ON-OFFスイッチ付
●常点灯対応室内灯(LED)装着済み
●ボディマウント密自連TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●キハ120-206(M)
●キハ120-207

【付属品】
●パーツ:スイッチバー

パッケージ形態

ウインド付紙箱
ウインド付紙箱

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る