ディーゼル機関車

国鉄 DD51-1000形ディーゼル機関車 暖地型

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2008.09.01(更新日 2014.03.27)

DD51形は、非電化幹線の動力近代化を進める目的で、1962(昭和37)年に試作車の1号機が登場、翌年から量産が開始されたセンターキャップ型液体式ディーゼル機関車で、今でも全国各地で活躍中です。
主に山陰地区等で活躍したB寒地タイプは「出雲」や「だいせん」など客車の牽引をしていました。

品番
2219
品名
国鉄 DD51-1000形ディーゼル機関車 暖地型
価格
6,200円(税抜)

特徴

●トミックスハイグレード(HG)仕様
●B寒地(暖地)形をプロトタイプとする
●ラジエター2分割タイプ使用
●フライホイール付動力搭載
●常点灯基板、ON/OFFスイッチ搭載
●JRアンテナ一体式屋根板付属
●牽引力を増す為の補助ウェイト同梱
●前面窓ワイパー付窓使用
●窓Hゴム・ボンネット繋ぎゴム灰色
●選択式ナンバープレート(1121・1186・1187・844)
●印刷済みヘッドマーク付属(出雲・サロンカーなにわ・やまぐち・紀伊)

製品内容

【車両】
●DD51-1000(暖地型)

【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバープレート
●ランナーパーツ:メーカーズプレート
●ランナーパーツ:JRアンテナ等
●ランナーパーツ:印刷済ヘッドマーク
●パーツ:アンテナ付屋根板
●パーツ:補助ウェイト
●パーツ:密自連形TNカプラー

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る