ディーゼル機関車

JR DD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)

  • Nゲージ
  • ハイグレード

2004.04.01(更新日 2014.03.27)

DD51形は、非電化幹線の動力近代化を進める目的で、1962(昭和37)年に試作車の1号機が登場、翌年から量産が開始された液体式ディーゼル機関車で、今でも全国各地で活躍中です。
JR北海道色の同形は、1988(昭和63)年より寝台特急「北斗星」の専用色に順次変更され、寝台特急けん引を中心に運用されています。
製品は、この塗色のうち、ボンネット側面のラジエーターグリルが2分割となった最終増備グループをプロトタイプとしています。

品番
2215
品名
JR DD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)
価格
6,200円(税抜)

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●トミックスNゲージ初のフライホイール搭載
●専用TNカプラー同梱(付け替え式)
●常点灯基板搭載
●選択式ナンバープレート
●印刷済ヘッドマーク付属「北斗星・カシオペア・エルム・トワイライトエクスプレス」
●牽引力を増す為の補助ウェイト同梱

N情報室も合わせてご覧ください。

製品内容

【車両】
●DD51(JR北海道色)

【付属品】
●ランナーパーツ:選択式ヘッドマーク
●ランナーパーツ:選択式ナンバープレート
●ランナーパーツ:選択式メーカーズプレート
●ランナーパーツ:アンテナ、ホイッスル
●パーツ:補助ウェイト
●パーツ:密自連形TNカプラー

パッケージ形態

クリアケース
クリアケース

※価格はすべて税抜表示となっています。
※価格は製品発売前では予価を表示しています。
※掲載している写真は試作品(製品と仕様が一部異なる)の場合があります。
※製品は実車の型式・仕様とは異なる場合もあります。
※製品の仕様・価格は予告なく変更することがあります。
※掲載の写真は照明、モニターの調整具合により実際の色と異なって見える場合があります。
※無断転載・複製を禁じます。

<<<前のページに戻る