TOP > ラインナップ > 鉄道コレクション > 富山ライトレール第2弾
 
ライトレール(LRT)とは…
LRT(Light Rail Transit)の略称で日本語で例えると「次世代型路面電車」と呼ばれています。 ライトレールは車道と併用した路面電車として走行が可能であり、また低床式ということから都市交通との親和を図り、新型路面電車として注目されています。
富山ライトレールは2006年4月に開業した全車が超低床車両で運行されている国内初の唯一の本格的LRTです。
開業にあたっては、元JR富山港線の軌道を利用するといったユニークな方法を用いる事によって短期間で開通を果たしました。
また、富山ライトレールは通称『ポートラム』として親しまれています。











【タイトル】
鉄道コレクション富山ライトレール(橙)
鉄道コレクション富山ライトレール(黄色)
鉄道コレクション富山ライトレール(緑)
鉄道コレクション富山ライトレール(青)
【価 格】各1,400円(税抜)
【発 売 日】2009年11月

※8編成が収納できる車両ケースも同時再生産!
(未塗装1編成付属)
【タイトル】鉄道コレクションLRT<専用ケース>
【価 格】2,200円(税抜)
【発 売 日】2009年11月


可動式パンタグラフ装着済!
通常の鉄道コレクションでは別売のパンタグラフを交換しないと動きませんでしたが、この富山ライトレールでは購入時から可動式のパンタグラフが搭載。



※写真は試作品のため商品とは異なる場合があります。


対応走行パーツ等
TM-LRT01 動力ユニット ライトレール用

*走行化用パーツセットには対応しておりません。
 
鉄道コレクション製品一覧

■鉄道コレクション1両セット

■鉄道コレクション2両セット

■鉄道コレクション7両セット